バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

バナーを使ってできる企業の販促効果アップ

大切な販促活動


企業にとって販促は重要な企業活動の一つです。販促をしないと自社の商品やサービスを売ることができませんし、セールスが伸び悩んでしまうことでしょう。セールスが伸び悩むということは当然トータルでの利益も低くなってしまいますし、業績は悪化する一方です。企業が健全な成長を遂げるためにも販促活動は絶対に必要ですし、あらゆる方法を用いて販促活動を行っているのが現実です。商品やサービスのプロモーションとして用いられている方法はいろいろと挙げることができます。その内の一つにはテレビコマーシャルが挙げられます。
テレビを見ていると色々な企業のコマーシャルを目にしますが、あれもプロモーションの一環です。テレビというメディア媒体を利用して多くの方に商品やサービスの情報を伝えており、結果的に購買へと結びつけることが主な目的です。また、大手企業の場合は単なるプロモーションとしてではなく、企業のブランディングという目的が大きいでしょう。企業としてのイメージアップのためにテレビコマーシャルを活用している節は大きいですし、資金力に物を言わせて一日に何度も同じコマーシャルを流しています。
また、新聞折り込みチラシやポスティング、展示イベント、メルマガなどもプロモーション活動の一種です。このように様々なプロモーション活動があります。企業によってはこの中の一つを活用したり、複数の方法を組み合わせているということも珍しくありません。
また、バナーを使ったプロモーションも多くの企業が採用していますし、コストパフォーマンスの面で重宝されています。大手企業ほどの資金力を持たない零細企業や中小企業の場合だと、できるだけコストを抑えて最大限の効果を得られる方法を選択しなくてはなりません。

バナーの効果


プロモーションや販促活動の一環として、バナーを用いる企業もたくさんあります。バナーとは、アルミなど軽量素材のパイプを簡易的に組み合わせ、それにプロモーションしたい商品画像を印刷したポリ塩化ビニルなどをくっつけたものです。店舗やイベント会場など様々なシーンで用いられており、手軽に始めることができるプロモーション活動の一つでもあります。ここではバナーを用いたプロモーションのメリットについてご紹介します。
最も大きなメリットとしては、商品によっては非常に低コストで生産できるということです。取り扱っているお店によって価格が異なるため、ここで料金を明記することはできませんが、かなりお手頃な価格で提供されているケースも多々あります。設置しておけば目にした人に商品やサービスの情報を伝えることができますし、効率良いプロモーションが可能となるでしょう。テレビコマーシャルや新聞折り込みチラシだと、多額のプロモーション資金が必要となりますが、バナーなら低コストで高い効果が得られます。
また、設置する場所などを変えることでプロモーション効果を測定することも可能です。定期的に設置する場所を変更することで効果を測定することができますから、試行錯誤しながら最も効果的なプロモーションを行うことも可能です。ほとんどの商品が軽量でできているため、たくさん使用する際に持ち運びに苦労してしまうということもあまり心配しなくて大丈夫です。

バナー制作時の注意点


低コストで高い効果が得られる可能性のあるバナーをできるだけ低コストで手に入れたい、という方だと大量発注という手もあります。たくさん発注することによって一つあたりの単価を引き下げることができ、単体で発注するよりも大量発注した方がお得になる場合があります。事前に見積もりをとることができるお店が多いので、発注前に見積りをしてもらうことが大切です。大口注文の見積りはどこでもしてくれると思いますが、なるべくホームページなどに明記しているところを選びましょう。
デザインにおける注意点ですが、人目を引きたいからといって派手なだけのデザインを採用するのはNGです。もちろん、それで効果を得られることもあるでしょうが、商品やサービスの性質によっては逆効果になってしまう恐れもあります。プロモーションしている商品やサービスの性質のことも考えたうえでデザインを決めなくてはなりません。ただ派手なだけの見た目だと逆に見てもらえない可能性もありますから、見やすさという部分にも気を配ってください。
また、ターゲットによってデザインを考えることも大切です。プロモーションしている商品のターゲット層にマッチするようなデザインにしないと意味がありませんし、ターゲット層の購買意欲を駆り立てるようなデザインを採用する必要があります。幅広い年齢層がターゲットなら老若男女問わず見やすいデザインを採用しなくてはなりませんし、できるだけ文字も大き目に入れておくと伝えたいことがうまく伝わり、目にも留まるあげるべきでしょう。このようなことも考慮し、設置する場所にも工夫すると効果的なものとなります。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所