バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

バナースタンドとのぼりの違いとメリット、選びかた

便利なバナースタンド


バナースタンドというのは、広告宣伝で活用するツールの一つです。使用することによって、自社以外の外部会場で行われる展示会でアイキャッチにすることができたり、店頭に常時設置することによって宣伝をすることができたりとその使用方法も様々です。
バナースタンドを作成することの最大のメリットは、コンパクトで柔軟性があることです。一般的な看板タイプの広告というのも、使用するシーンによって良い効果を発揮するものですが、広告の部分と建具とがセットになっていることも多いですから収納の際には場所を取りますし、必要に応じて複数作成する必要があります。
バナースタンドは旗の部分とスタンドの部分とを別にすることができるので、コンパクトに収納ができます。そのため、複数必要な場合には旗の部分だけ作成すればよく、イベントに応じて使い分けもしやすいです。また、コンパクトな点は収納だけでなく持ち運びの面でも便利です。設置もしやすいため、女性一人でも十分に設置することができます。重石もしっかりと別に用意することができるので転倒予防の対策もしっかりと行えます。旗になっているおかげで風の抵抗を上手に逃がすことができるため倒れにくいですし、倒れた際に周囲へのリスクも少ないのもメリットです。
サイズやデザインも様々なものが選べるのも特徴の一つです。掲出したい場所や内容に応じて小さめのものや大きめのものと選ぶこともできますから、短期的なキャンペーンのために作成をすることや、イベント用に作成をすることも可能です。季節やイベント内容によっては、大きめのものを作成して大々的にアピールをすることもできます。このように、様々な場面で活用ができるだけでなく、汎用性やコストパフォーマンスが高いところも魅力の一つです。

のぼりとの違い


バナースタンドとのぼりは、見た目の部分では同じです。どちらも旗に広告や自社の名前、キャンペーン内容といった紹介したいものが掲載されているものです。細かな違いというと、その設置具の違いがあります。
のぼりというのは日本に古くから伝わる旗の形式のことです。縦長の長方形の旗を作成して、それを竿の上辺につけた形が一般的です。そのため、のぼりとして作成するものというのはこの従来の形式を重んじた作成がされます。旗のように揺らめくことを想定した作りになっており、旗の部分と支柱部分とは縦横共に一辺ずつしか固定されていないものが多いです。取り付ける方法は、竿を通すチチと呼ばれる布が旗に縫い付けられており、そこに竿を通して固定するのが一般的になっています。
それに対してバナースタンドは旗部分の固定の仕方が違います。バナー広告自体は旗のようなものになっているのですが、後ろから支柱で支える形状が取られています。そのため、斜めに立て掛けるような掲示の仕方をしたり、まっすぐ支柱を立てて両面で広告を見せたりと様々な掲示方法をとることができます。
作成の段階でどちらにするかを決めておかなければ、同じ旗であっても仕上がりが変わってきます。材質やチチの有無も違ってきますから、仕上がってからイメージと違う場合は作り直す必要が出てきます。多くのメーカーは、デザインを依頼した段階で作成イメージのデータを送ってくれます。それを見て、建具の種類や掲示の方法を確認すれば、どちらのタイプで作成しているのかが確認できます。イメージ図は必ず確認してミスがないようにしましょう。

どちらを作成すれば良いかで悩んだら


バナースタンドとのぼりというのは、似ているようで少しその特徴が異なりますし、バーナースタンドとのぼりの両方を作成していない業者もあります。そのため、どちらにする方が広告宣伝効果を高められるのか、とかどちらの方が見た目に良いのかということを考えて依頼する業者を選ぶことも大切になります。もしも悩んでしまったらプロの意見を参考にしたり実物を確認しながら決めたりしていくのがおすすめです。
多くの作成会社というのは、インターネットサイトに問い合わせフォームが用意されています。また、インターネットだけでなく、電話で問い合わせもできます。このような方法を利用すれば問い合わせの際に、現状作成にあたっての悩んでいることを伝えられますし、効果的な宣伝方法についてのアドバイスをもらうことができます。
また、同業他社を含め、様々なバナースタンドやのぼりの活用方法を確認して、どういったものを用いるのか研究をするのも良いでしょう。この際、あえて同業に限らないのがポイントとなります。同業のものはもちろん参考にしやすいです。しかし、広告を作成するにあたっては確認するべきことがたくさんあります。
確かに同業他社が打ち出している広告とその種類を確かめるのは宣伝効果の確認には効果的です。しかし立地の問題や、周辺環境の問題から同じ方法をとることができないケースもあります。そのようなときには、周辺環境が似ている店舗の掲出方法を参考にすることでアイデアが浮かびやすくなります。店舗の面している場所が道幅の狭いところであれば、のぼりを立てていると通行の妨げになることもあります。その際の距離感を掴むのに、実際の路面に立っているものを確認するのはとても有効であり、その際には異業種のものでも問題ないでしょう。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所