バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

バナースタンドの組み立てや補修パーツについて

組み立ては簡単


イベントや店頭で使用するために、バナースタンドを販売促進のツールとして導入しようと検討している方も多くいるでしょう。バナースタンドは、そもそも自分で組み立てられるのかという疑問も持っているのではないでしょうか。店舗やイベントなどで、今まで一度もバナースタンドを使ったことがないという方だと、使用法について心配される面も持ってしまうのは当然です。それに加えて、もし自分で組み立てることができなかったらどうしようという不安を抱えている方もいるかもしれません。では、実際バナースタンドはセルフで組み立てることができるのでしょうか。
バナースタンドは基本的にシンプルな造りとなっていますから、特別難しい組み立て方式を採用していることはありません。どのメーカーのスタンドも組み立てやすい構造を採用していますし、誰もが短時間で組み立てられるようになっています。手先が不器用で不安という方もいるでしょうが、手先の器用さを必要とするようなものでもありませんし、短時間での組み立てが可能です。ただ、メーカーによって組み立て方がやや異なることがありますからそこは注意してください。
組み立てに時間がかかってしまうようなスタンドだとイベント会場などで設置するときにも時間がかかって仕方ありません。思いの他準備に時間がかかってしまうことになりますし、イベント開始時間が遅れてしまうということも考えられます。現在出回っているスタンドの多くはそのようなことにならないようシンプルで組み立てやすい構造になっているものがほとんどですから過度に心配することはありません。誰でも一度組み立てたらすぐにできるようになります。現在では軽量タイプの品もありますから、女性でも簡単に持ち運びしてすぐに組み立てることができるでしょう。

補修部品の有無


スタンドのネジが一つなくなってしまった、バーが破損してしまった、というケースは多々あります。スタンドによっては屋外に設置することもありますし、屋外に設置しているケースだとどうしても破損やパーツの紛失といったことも起こってしまいます。その都度新しいスタンドを購入していてはお金がいくらあっても足りませんし、規模の小さなお店だとなるべくお金をかけることはしたくないでしょう。スタンドのメーカーによっては補修パーツもリリースされていますから、まずは補修パーツがあるかどうかを確認してください。
スタンドを購入したお店で補修パーツを扱っていることが多いでしょうから、まずはショップに問い合わせてみることです。公式ホームページがあるのならウェブ上で扱っているかどうかを確認し、扱っていたら取り寄せましょう。メーカーによって販売している部品は異なりますから注意が必要です。ネジやバー、ウォータータンクといったものは大抵扱われていますから、このような場合には対応できます。
ネットで注文する場合でも、在庫さえあればすぐに発送してくれるようなショップもあります。これなら破損や部品の紛失を発見したときにすぐ対応できます。注文する前に在庫状況をチェックする必要がありますが、在庫さえあれば翌営業日に発送というところもあります。先述したように、屋外に設置するタイプのスタンドだとネジやバーが破損したり紛失したりということはよくあります。購入前にあらかじめ補修用のパーツがリリースされているかどうかは確認しておきましょう。

バナースタンドを長持ちさせるために


屋外にスタンドを設置してプロモーションに活用しているという企業、お店はたくさんありますし、中にはできるだけ多くの人に見てほしいとの思いから、営業時間外も屋外にスタンドを設置しているケースもあります。営業時間外もスタンドを設置していれば、休業中や開店前と閉店後でもスタンドはあるだけで宣伝として役立ってくれますし、道行く人々に商品やサービスの情報を時間を問わず提供することができます。非常に効率の良いプロモーションのように感じますが、営業時間外となる夜間などにスタンドを屋外設置していると時にイタズラされてしまうというケースも中にはあります。
そういったごく一部の破損の可能性がある場合でも、パーツの取り換えができるバナースタンドだと安心です。取り換えや買い替えができないものを購入してしまうと、まるごと新しいスタンドを買うことになってしまい処分の手間とコストの無駄です。特に処分方法に困ってそのまま会社の倉庫に置きっぱなしになるか、誰が片づけるかで手間がかかることがあります。一部の部品がないために、その都度替えていたらお金がいくらあっても足りないでしょう。夜間には屋内に置いて通行人の目に付く場所に置いてライトアップするなど、工夫する必要もあります。
バナースタンドを長持ちさせるためには、パーツの取り換えが可能である良心的な会社で購入することをおすすめします。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所