バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

両面対応のバナースタンドを使用するメリット

両面タイプのスタンドのメリット


多彩なシーンで活躍してくれるバナースタンドは、イベント会場やショップ入り口などさまざまなところで目にします。商品やイベントのプロモーションに効果を発揮してくれますし、あらゆるシーンで活躍してくれる素晴らしい販促ツールの一つです。そんなバナースタンドですが、両面タイプの製品も存在します。一口にバナースタンドと言ってもいろいろなタイプのものがありますし、両面タイプのような品もあるのです。では、両面タイプのスタンドを利用するメリットとはいったいどのようなものなのでしょうか。
両面タイプのスタンドを使えば2面にデザインをプリントすることができるため、より多くの人々の目にとまります。つまり、片面タイプのスタンドよりもさらに販促効果を高められる可能性があります。片面タイプだとどうしても一方向からしか視認することができませんが、両面にデザインが施されたものならば2方向に対応できます。これを通りに面する場所に設置すれば、道行く多くの人々の目に触れさせることが可能となります。両面タイプのスタンドを利用する最大のメリットはここにあります。
片面タイプのスタンドを並べて設置するという手もありますが、それだとスペースを余分に使ってしまいます。いくらでもスペースが使えるという場所ならともかく、そうではない場所もありますから限られたスペースの中でスタンドを設置しなくてはならないケースもあるでしょう。そのような時には両面タイプのスタンドは大きな威力を発揮してくれます。せまいスペースでも設置することができますし、しっかりと多くの人目に触れさせることもできるのです。また、片側タイプのものを二つ購入するよりもコストパフォーマンスが良いですし、あらゆる面で優れています。

利用する目的とは


バナースタンドを利用する目的は、使用する人や企業によって大きく異なります。一般的によく使われる用途としてはイベント会場での案内や商品のプロモーション、展示会、企業説明会などです。実にさまざまな用途に用いられていますし、もちろんこれら以外の目的で使われることも多々あります。あらゆるシーンで利用できますし、その使い勝手の良さが人気の理由なのかもしれません。しかし、スタンドを使用することで本当に何かしらの効果を得ることができるのかという疑問を少なからず抱いている方も中にはおられるのではないでしょうか。
商品やサービスを販売するためにプロモーションは欠かせません。どんなに素晴らしい商品やサービスを提供している企業であっても、そのことを知ってもらわないことには利益につながらないのです。そのため、多くの企業は多額の資金を投入してプロモーション活動を展開していますし、あらゆるメディア媒体を利用して商品やサービス、企業ブランドのアピールをしています。スタンドを使用するのもこうしたプロモーション活動の一環ですし、たくさんの人の目に触れさせることで潜在的な購買意欲をかき立てたり、商品やサービスの告知を効率良く行うことができるのです。
まずは扱っている商品を知ってもらうことが何より大切です。展示会や企業説明会、各種イベントでスタンドが活用されているのは「まず知ってもらう」という部分を重視しているからでしょう。また、単純に案内という目的で使用しているケースもあります。いずれにせよ、「知ってもらう」「商品やサービスを理解してもらう」という目的で使われ、それなりの効果も期待できます。

デザインはどうするのか


ロールアップバナーやバナースタンドのデザインは、発注したお店がしてくれるのかという些細な疑問を持っている方もおられるでしょう。これからスタンドを発注して販促に使ってみたいと考えている方だと、このような疑問を持っている方も大勢おられるでしょうが、スタンドのデザインは基本的には発注者側でしなくてはなりません。もちろん、ショップによってはデザインまで請け負ってくれるところもあるかもしれませんが、原則として発注側がデザインを決めてそれに合わせた印刷をしてもらうことになります。
街なかやイベント会場などで見かけるスタンドやロールアップバナーの多くも、クライアントが直接デザインしたものが多いと考えられますし、そこまで凝ったデザインが採用されるケースは少ないですから基本的に誰でもできます。現在では優秀な画像編集ソフトやデザイン専用のソフトもありますから、その気になれば誰でもプロ並みのデザインが可能です。画像に文字を入れるだけのデザインなら簡単ですし、ちょっとした加工程度なら素人でも十分できます。
クオリティを高めたい場合には専門業者に依頼してデザインしてもらうという手もあります。このあたりの判断は企業やイベントの主催者によって異なりますから何とも言えません。デザインのプロに依頼すれば高品質なデザインに仕上げてくれると思いますから、ビジュアルを重視する場合にはデザインの段階からプロに任せるというのも一案でしょう。オンラインでスタンドを発注する時にはまずデザインを用意し、それを所定の方法で入稿することで発注できます。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所