バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

展示会の省スペースにバナースタンドがいい?

バナースタンドを利用しよう


最近では、自分のお店をアピールしたいという時に、バナースタンドを用いる方法を採用しているところを多く見かけます。お客様がいる商売は、お客様の目をこちらに惹き付けることが第一歩です。とにかくお店に注目してもらいたいときは、お客様にとって目新しい宣伝材料を用いることによって、お客様の視線を確実にこちらへ向けることができます。
そこで、今一度バナースタンドという方法に注目をしてみてはいかがでしょうか。最近ではロールアップのスタンドが流行りであり、そのようなアイテムはより機能性を追求されていますし、中には電動式のスタンドもあります。本来、スタンドの高さには収まりきらない長さのバナーも、電気を使って回転させることができるため、サイズの大きいバナーだとしても、少しずつ全体を見せることができます。電動バナーは特に多くのお客様の目を引くことができるので、設置するだけで大きな宣伝効果を得ることが可能です。よって、積極的にこのようなアイテムを使用すると良いでしょう。様々な方法によって人の注目を集める広告は、人手のかかる呼び込みという方法よりも、道行く人の目を留めさせることに高い効果を発揮します。
お店をアピールしたい方は、効率の良い宣伝用のアイテムは何かということを、真剣に考えて追求していくようにしましょう。展示会などで省スペースにしつつ広告を出したいという時にも、このような方法はもってこいです。狭い場所でもバナースタンドは設置がとても簡単であり、幕の交換もあっという間にできます。展示会などのスペース内でも気軽に利用することができるアイテムであり、 そのスッキリとした構造の美しさが、お客様の目を必ずこちらへと惹き付けてくれることでしょう。

どのようなお店作りをしていくべきか?


そして、このようなアイテムは決して大型のパネルPOPにも負けません。そこには皆さんが思っている以上の大きな存在感があります。 展示会などで省スペースで利用することができ、屋内という場においても、設置場所を選ぶ必要がないくらい手軽に組み立てることが可能で、大々的にアピールできます。
特に、これまで当たり前の発想として考えられていた同様のPOP類と比較して、比較対象にならないほど設置が手軽なものとなっています。そのようなアイテムは、Lタイプと呼ばれるもの、Xタイプと呼ばれるものなどどちらにおいても省スペースが実現でき、設置や幕交換には大きな手間も人力もほとんど必要ありません。
例えばお店で季節ごとにアピールしたい内容を更新する場合において、従来の広告の方法である立て看板などでは、大きくて重いキットを毎回組み立てる必要がありました。さらに、古くなってしまった立て看板を用いる場合は廃棄処分のための方法についても考えなければなりませんでした。
しかしバナースタンドであれば、初回において、スタンドを設置する多少の手間はかかるものの、季節ごとに内容を更新する際にはほとんど手間がかからないというメリットがあります。更新時には小さくて軽いスクリーンの交換を行うだけでよく、新しくリフレッシュしたお店の雰囲気を効率的にお客様へ広告、アピールすることができてしまうのです。このことを踏まえて、お店にとって何がより効果的な広告の方法であり、かつ何が簡単で合理的方法なのかということを、しっかり考えて追求していくようにしましょう。

コストパフォーマンスのよさも発揮


お店をアピールしたい、展示会などにおいてアイテムを使用したいという場合、軽さとシンプルな見た目のよさからLタイプのバナースタンドなどが注目されています。これを用いる方法は、お客様の目を惹き付けることができる方法であり、お店や展示会でも省スペースでリフレッシュした感じに見せることができます。
さらにとても手軽に組み立てられることが利点で、その組み立ての方法は、バナーの上下にバーを取り付けて、それぞれに接続用のパーツと支柱を差し込むだけです。バナーを交換するという時には、逆の手順を踏むだけで、古いバナーと新しいバナーを交換し、支柱を差しこむだけで済みます。
このようなアイテムに慣れている人たちは、とても使い勝手がいいということで、長い間お店をアピールする方法として利用し続けていることが多くなっています。この点は使用していない人との間にできる大きな溝です。
古いバナーは用済みになれば処分ということになりますが、それ以外のスタンド用のパーツは全て再利用できます。一般的にこのようなアイテムは看板などと比較して、短期や中期での使用を意識した広告の方法と捉えられていますが、実際には、看板と同等もしくはより長期での使用を意識することができるものとなっています。
そして、今後もっとこのようなアイテムが注目されることによって、使い勝手はより進化していくことでしょう。バナースタンドは、長く使えば使うほどそのコストパフォーマンスも存分に発揮できます。大きいタイプだからといっても、組み立ての利便性が練られているからこそ、より手軽さを感じられるものとなっています。設置時の安定感が特徴とされているXタイプでも、最初の組み立てのコツをしっかり理解すれば、設置は決して難しいという訳ではありません。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所