バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

目的に合わせたバナースタンドのプリントを

扱いも容易なバナースタンド


宣伝方法というものは、さまざまなものがあり、それぞれにメリットがあります。アプローチの仕方にも違いがあり、目的によって適切な手段を選ぶということが求められるでしょう。その手段の一つとして、バナースタンドがあります。格安で作ることができる宣伝方法として、さまざまなところで活用されていますが、特に存在感を示すものとして使われるようになりました。ターゲットを絞り込むこともできますし、訴求効果も高い方法で、立体感によって視線を集めやすいという特徴を持っています。布を使うことによって、質感のアピールもすることができますし、美しさを訴求することもできるでしょう。オリジナルのものも作りやすく、屋外やイベントでも、十分に活用していくことができます。
扱いも容易であり、看板のように大きな設備を必要とすることもありません。加工する手間がないということだけでも、費用の負担を下げることができるでしょう。重さも軽くなっているため、利用する時の負担も減らすことができます。女性であっても、簡単に利用することができることを考えれば、大きなメリットと言えるでしょう。高所に持っていかなければならないといった制約もありません。
また、耐久性が高く、収納も保管も簡単にできます。必要な時に展開させることが容易なことから、セミナーでも展示会でも、好きな時に使って訴求することが可能となるでしょう。プリントしたバナーを交換することによって、季節ごとの訴求を行うこともできます。簡単に使いまわしができることは、大きな効果を生み出すポイントになってくるでしょう。

自分たちに合ったものを作る


バナースタンドにもいろいろなものがありますが、自分の目的に合ったものをプリントして作ることが重要です。どれぐらいの使用頻度になるのか、金額とともに考えることも必要となるでしょう。
活用されることが多いのは、ロールアップタイプでしょう。取り付けることが簡単で、プリントもかなり自由に行えます。よく見かけるタイプでもあり、それだけ利用しやすいということが言えるでしょう。比較的自由に使うことができるもので、価格帯も抑えることができます。用途さえはっきりさせることができれば、効果的な訴求につながることは間違いありません。
ハトメを使ったXタイプも人気です。工具などを用いずに設置できることが人気の理由で、大きさもいろいろと選ぶことができます。自由度も高いので、訴求に合わせていろいろな選択ができる点がメリットです。さまざまな条件にも対応しやすく、訴求内容をはっきりさせておけば、有効に活用できるでしょう。
Lタイプと呼ばれているタペストリーは、掛け軸のように使う方法です。簡単に使える方法でもあり、用途に合わせてさまざまな方法を考えることができるでしょう。設置に関しても簡単で、すぐに展開させることができます。金額的にも安価なものとなっており、プリントの種類を増やしておけば、その条件に合った訴求がすぐにできるようになるでしょう。店内で多く見られるタイプでもあり、フレキシブルな対応ができる方法として人気が高いバナースタンドです。

目的を見失わないように


プリント次第でさまざまな展開も考えられる便利なバナースタンドだからこそ、どういった用途に使うのかということと、予算についてもよく考えてから検討をしていかなければなりません。何でも作ればすぐに訴求効果を上げられるというわけではないからです。目的を考え、しっかりとしたプランニングをしてからプリントをしなければ、効果は上がりません。
遠くからも分かるように、大型のものを必要とすると考えます。視認性がある代わりに、設置するための条件が厳しくなりやすく、準備にも時間がかかるでしょう。しかし、大きなものになれば、それだけ多くの情報を掲載することができます。比較的制限がなくなりますが、それだけはっきりと分かるように、単純化させるということも重要になってくるでしょう。活用の場所は絞られてきますが、大きくするということはメリットも大きくなります。こうしたものも作ることができるのが、バナースタンドの良さの一つです。
こうしたプランニングには、場所だけではなく、完成イメージも重要になってくるでしょう。どんな形にできあがるのか、それをイメージして、利用する場面を想定してみることが重要です。イメージを持つということは、それを見る側の視点になって考えるようにするということです。自分たちが求める条件として考えた場合、本当にそのデザインでいいのかと見直すこともできるようになります。その時に、誰に見てほしいのかをよく考えてみると良いでしょう。その目線が分かれば、高さも考えることができますし、デザインも見えてくるようになります。自分だけが注目してもらえるだろうと考えているデザインは、必ずしも成功する要件ではありません。見て感じてもらうことが大切なのですから、目線を間違わないようにすることが重要になってきます。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所