バナースタンド研究所
お問い合わせ先/0120-296-870 受付時間9:00~18:00(平日のみ)

メールアドレス

パスワード

商品を探す

  • バックボード
  • ロールアップバナー
  • Xタイプ バナー
  • Lタイプ バナー
  • 補修パーツ
  • 全てのアイテム
キーワードを入力

お支払い方法

  • 「請求書後払い」できます。
  • クレジットカードもご利用いただけます VISA,Master,JCB,Amex,Diners

お役立ち情報


  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは

記者会見のバックパネルはどうやって注文するのか

記者会見にかかせないバックパネル


記者会見の際に何かと重宝するアイテムとして知られているのが、バックパネルです。その名の通り、会見の際にバックに設置されているパネルで、その時々にあわせて、様々なことが書かれています。例えば、番組タイトルや会見のスポンサーの名前、また、その会見を開く企業の名前などを背景に設置することで宣伝効果を持たせることができます。
会見の雰囲気に合わせてパネルの雰囲気を調整するという企業も少なくありません。例えば新商品の発売の際には、商品カラーのパネルや、明るい雰囲気のパネル、商品のイメージに合ったパネルなどを用意して、雰囲気を引き立てていきます。また謝罪会見などの際には、シンプルなロゴのみのパネルなどを用意してしっかりと謝罪の雰囲気を作り上げます。同じ内容を話しているにも関わらず、違った内容を話しているように聞こえるのが背景の効果であるといえます。背景がしっかりとしていればいるほど、会見の内容も入ってきやすくなるだけでなく、途中から目にした人にとっても一目で何の会見であるのか分かりやすくなるという点が特徴です。バックパネル一つで見る人の印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。
このように、パネルがもたらす印象というのは非常に大きく、パネル一つで会見の雰囲気を作ることができると言えるでしょう。会見の内容ばかりが充実していても、見る方がそこまで印象に残っていなければそれこそ意味がありません。できるだけ会見を意味あるもの、充実したものにするためにも会見内容はもちろんですが、パネル部分にも力を入れて素晴らしい物になるように工夫と研究を重ねていく必要があるでしょう。

記者会見前 余裕のある注文を


先ほどもお話しした通り、記者会見をする際に印象を左右するのがバックパネルです。背景の力は非常に重要ですので、良い印象を与えることができるように、早めに準備をしておく必要があるでしょう。特に、会見の日程が具体的に決まっている場合は、早めに注文をしなければ商品が到着せず、パネルが間に合わないというケースもあるでしょう。そうなってしまってはせっかく注文したものが使えなくなってしまいますので、十分余裕をみて注文するよう心がけましょう。
パネルを注文する際、まずはサイズ選びからはじまります。いくつかのサイズに分かれていることもありますし、商品によってもサイズが違っていることが多くなっていますので、それぞれの会見のサイズに合わせて選ぶと良いでしょう。大規模な会場であれば大型のものを、小規模であれば小型のものをと、サイズをその都度選ぶように心がけましょう。小さいパネルをいくつか利用して、雰囲気を作り出すというテクニックを用いている方も少なくありません。
また、パネル自体はそう簡単に壊れる物でもありませんし、商品によっては小さく収納できるものもありますので、早めに依頼をして企業内で保管をしておくというのも一つの方法です。このように、早めに依頼をして企業で保管をして、当日持って行きセッティングをした方が確実に使いたい時に使うことが可能になります。パネルの内容がオールシーズン問わずに使うことができる万能なタイプの場合は、一つ持っておくと非常に便利です。きちんと保管をしておけば、様々なシーンで使い回しをすることができます。初めて利用をする場合は特に、期限内に準備できるようパネルも早めに注文すると良いでしょう。

記者会見後の処分


記者会見が終わった後に不要となったバックパネルは、どのようにして管理や処分をすれば良いのでしょうか。作られている材質などによっても異なりますので一概には言えませんが、企業専門のごみ回収がない場合は、地域ごとのゴミ収集に合わせて、燃えるゴミ、資源ゴミ、燃えないゴミなど、分別をして出していきましょう。サイズが大きい場合は特に、そのまま出すのではなく小さく切るなどして、袋に入れて出すと良いでしょう。
会見が終わった後、今後も使うことができそうなパネルであれば、わざわざ処分をしなくても構いません。緊急で会見が入ることもあるかもしれませんので、倉庫などで保管をしておきましょう。もちろんスペースもお金的価値がある部分と言えますので、ある程度保管スペースにゆとりがある場合は、保管をしておくことをおすすめします。
パネルは会見後に片付けることも考えて、保管をしやすいようなサイズなどを選ぶことも大切です。最近では、コンパクトに収納することのできる大型パネルを扱っている企業もあります。コンパクトに収納できれば、スペースに余裕がない場合でも省スペースで保管することが可能です。このような商品を専門に依頼可能なインターネットサイトも多くなっていますので、いくつかのサイトを候補に依頼することを考えるのも良いでしょう。そうすることで目的に合ったパネルを選ぶことができます。

次の記事へ

  ▼よく読まれている記事


  1位 展示会の省スペースにバナースタンドがいい?
  2位 ロールアップタイプのタペストリーは宣伝効果が絶大
  3位 パソコンの画面出力におけるロールアップの意味
  4位 バナースタンド看板の収納するケースについて
  5位 ロールアップ式バナースタンドのメリットとは
ページの先頭へ
サインウエブ オンラインショップ サインウェブ バナースタンド研究所